新米ダイバーが知っておくべきこと

プーケットでのスキューバダイビングは、他では味わえない特別な体験です。スキューバダイビングをしなければ、人間は水中で呼吸することができないので、地球の巨大な水域に何が存在するのかを知ることはできないでしょう。しかし、適切な訓練と装備で、青い海を探索し、その下にあるものを発見することができます。

プーケットリーフの白い珊瑚礁
めちゃめちゃ小さいエビ

スキューバダイビングは、事前に適切なトレーニングを受け、基本的な条件を満たしていれば、誰でもできるものです。しかし、ビギナースキューバダイバーとして、いくつかの側面とテクニックが必要です。 スキューバダイビング タイ は少し難しいかもしれません。

今日は、初心者ダイバーがプーケットでのダイビングに参加する前に知っておきたい、よりわかりやすく、より楽しい体験にするための10のポイントを紹介します。

プーケットの珊瑚礁群
ラチャヤイ諸島のリーフにいるカクレクマノミ


1. 教育がカギ

教育は、学校、仕事、趣味など、私たちが人生で行う多くのことにおいて、非常に重要な要素です。スキューバダイビングの資格を取得するにしても、ダイビングのための基礎訓練を行うにしても、教育が必要です。 ディスカバー・スクーバ・ダイビング 日帰り旅行では、インストラクターに注意しながら行動する必要があります。 プーケットでダイビング.多くの人は、ダイビングをすることに興奮していて、先生の言っていることに集中しておらず、いざ海に入るときに何もわからない状態になっています。

インストラクターは、何の意味もなく教材を見ているわけではありません。ダイビングを安全に成功させるためには、ダイビングの前に多くのテクニックと安全プロトコルを学ぶ必要があります。

が何を言っているのか、よく聞いてください。 PADI ダイビングのインストラクターが言っていることは、長い目で見て、より良いダイビング体験をするために、劇的に役立ちます。PADIスクーバダイビングの教育システムは、ダイビングができるようになったら終わりというわけではありません。 PADIオープンウォーター ダイバー......続けることができる アドバンスド・オープン・ウォーター, レスキューダイバー ナイトロックスダイバー、ディープダイバーなどのスペシャルティコースもあります。

キンギョハナダイ
ウニ プーケット タイ


2. 見れども触らぬ神にたたりなし

プーケットの熱帯の珊瑚礁の海中には、たくさんの美しい海の生き物や植物が眠っています。思わず近づいて触ってみたくなるかもしれませんが、これはスキューバダイビングでは大きな禁忌です。一部の生物や植物は信じられないほど壊れやすく、プーケットでのダイビング中の過失によって簡単に損傷してしまうのです。

プーケットの珊瑚礁でスキューバダイビングを楽しむ
ラッキョウ


3. 無理をしない

プーケットでのスキューバダイビングは、特に初めての方は慣れるまで時間がかかるかもしれません。自信を持ってスキューバダイビングをする前に、小さなことをたくさん学び、練習する必要があります。最初の数回のダイビングで緊張するのは当然です。

同時に、他の人に追いつくために自分の限界を超えてしまったり、ダイビングバディやインストラクターと自分を比べてしまったりしてはいけません。プーケットのスクーバダイビングには、安全と楽しみの2つが不可欠な要素です。

自分自身に集中し、より快適に感じるまで練習することで、より楽しい経験ができます。成功のために、すべての安全プロトコルと指示に従うことを確認し、あなたの機器が正しく装着されていることを確認し、楽しんでください。

タイマイ@コ・ラチャ・ノイ・プーケット
スクーバダイビングを発見したハードコーラルリーフ


4. バディと一緒に潜る

ダイビングをするときは、特に初めての場合は、パートナーや少人数で潜ることが肝心です。その最大の理由は、安全性です。何かあったときに、横に誰かがいて助けてくれる、またその逆もあるという安心感、安全感があります。

 ダイビングバディの近くにいて、効果的にコミュニケーションをとるために、良いコミュニケーションシグナルを確立したいものです。また、プーケットで一緒に潜っている人と同じ、または似たような経験を共有するのも素敵なことです。カップルや家族、友人同士で行うには、素晴らしいエクスカーションです プーケットダイビングツアー.

滄溟溟
プーケットのサンゴ礁に生息する熱帯魚たち


5. プラン・アヘッド

プーケットで最適なダイビングを体験するには、前もってダイビングの計画を立てるのが一番です。天候や場所、必要条件など、いくつかの異なる要因を確認したいものです。特定の地域でスキューバダイビングをするには、許可証や病気にならないようにするためのワクチンなどが必要です。

さらに、多くの人がスキューバダイビングの事故をカバーする特別な旅行保険に加入することを選択しますが、これは事前に加入する必要があります。休暇を計画する際、スキューバダイビングを考えている方は、これらの要素をすべて考慮し、事前に適切な計画を立ててください。

プーケットのソフトコーラル・リーフの上を滑空する。
プーケットの熱帯珊瑚礁に生息するガラス科の魚たち


6. ドリンキング・アンド・ダイブ

酒を飲んで運転するな」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、プーケットでのスキューバダイビングでも同じことが言えます。ご存知のように、飲酒は判断力、集中力、反応速度、運動神経など、ダイビングに不可欠な要素に大きな影響を及ぼします。ダイビングの事故の50%は、ダイビングの前に飲酒していた場合に起こります。

プロのダイバーにさまざまな量のアルコールを与え、それをダイビングプールに投入した研究があります。血中アルコール濃度(BAC)が高いダイバーは、怪我をするリスクが有意に高かったのです。

他のシラフダイバーから見れば、安全でないこと、パフォーマンスが低下していることが明らかであっても、酔ったダイバーは気づいていない。BAC値が低いダイバーでも、通常より悪い潜水をしており、怪我をする危険性があった。

休暇は思いっきり楽しむ時間であり、多くの人がお酒を飲むことは理解しています。しかし、プーケットでのダイビングを計画している場合、1日か2日前の晩はお酒を控えてください。

ダイビングは時に予測不可能なものであり、ダイビング中に自分を危険にさらす価値はありません。 プーケット・ダイバー には、前夜にお酒を飲んでおくことです。

プーケットのサンゴ礁でオープンウォーターダイバーになる
ラチャノイ島プーケットの海ファン


7. 準備する

PADIスクーバのインストラクターは、ダイビングに必要なほぼすべてのものを用意してくれますが、可能な限り最適な体験をするためには、準備も必要です。ここでは、ダイビング旅行の準備のためにすべき8つのことをご紹介します。

  1. 前日または2日前にアルコールや薬物を摂取することは避けてください。 プーケットダイビング.
  2. ダイビングの前日の朝は、水や電解質入りの飲み物を飲むようにしましょう。
  3. 潜水前に大きな食事をせず、最低でも2時間以上経ってから海に入るようにしましょう。
  4. 自分自身を教育し、講師の話をよく聞く。
  5. ダイビングのために個人で購入した器材でも、ダイビング会社から支給された器材でも、海に入る前にテストし、すべてが正しく装着されていることを確認しましょう。
  6. できれば事前にプールで練習し、正しい呼吸法などのスキューバダイビングに必要な要素を身につけましょう。
  7. ドライバッグ、水中カメラ、ダイビングログ、船酔い止めなど、プーケットでのダイビングに必要なものを事前に購入しておくことをお勧めします。
  8. プーケットでのダイビングの前に精神的な準備をし、ボートや水中でパニックを起こさないようにしましょう。
トロピカル・コーラル・リーフ・プーケット
珊瑚礁には多くの小魚が生息している


8. 冷静に、泳ぎましょう

スキューバダイビングの最も重要な3つのルールは、落ち着いて泳ぐこと、泳ぎ続けること、そして呼吸することですスキューバダイビングは、初心者の方にとって敷居の高いものです。海は未知の世界であり、巨大で、謎の生物がたくさんいて、怖いという人もいます。

潜水中にパニックになりそうになったら、呼吸を整えて泳ぎ続けましょう。過呼吸になったり、泳ぎが止まったりすると、怪我をする危険性があるので、絶対にやめましょう。できるだけ落ち着いて、バディと一緒に行動し、不安な気持ちを伝えましょう。

また、緊張したときには、驚くような周囲の環境に感心して気を紛らわせるようにするとよいでしょう。しかし、最悪の事態になり、手に負えなくなったら、安全に水面に戻って休憩を取りましょう。どの方法を選択するにしても、あなたとあなたのダイビングパートナーのために安全に実行することを心がけてください。

いっさい触らぬ神に祟りなし
珊瑚礁に手を出すな


9. 最後の最後まで待たずに

企画は、大きく分けて ダイビング タイそして、適切な時期にダイビングのスケジュールを立てたいものです。ダイビングを休暇の最後の数日間に計画するべきではありません。ダイビングの後、すぐに飛行機に乗ると、減圧症になる危険性があります。

減圧症とは、窒素の気泡が体内で発生し、筋肉や関節の痛み、吐き気、けいれん、しびれ、神経障害、ひどい場合には麻痺などの症状が出ることをいいます。この症状は主にダイバーに起こります。なぜなら、ダイバーはダイビング中、水の圧力に合わせるために窒素を含んだ圧縮空気を呼吸しているからです。

クマノミとイソギンチャク プーケット
イエロースナッパーの群れ プーケットの珊瑚礁

ダイバーが急激に上昇(水から上がる)すると、窒素が体外に出る暇がなく、気泡となって体内に閉じ込められてしまうのです。飛行機で離陸するときは急上昇するのと同じなので、ダイビングを終えたばかりの人は減圧症になる危険性が高いのです。

1回のダイビングを終えたダイバーは、飛行前に最低12時間の待機時間が必要です。複数回のダイビングをされた方は、18時間以上空けてからフライトされることをお勧めします。

多くの人は、減圧症のリスクをさらに低くするために、24時間以上待つことを選択します。この危険な状態は、ダイビングを休暇の初めか半ばに計画することで回避することができます。減圧症になってから後悔するよりも、安全に配慮して早めにスケジュールを組む方がよいでしょう。

ピンク&オレンジコーラル プーケット
ソフトコーラルが広がるプーケットの珊瑚礁

10. Practice Makes Perfect

最初のダイビングでは、どんなに頑張っても完璧にはできないことに注意しなければなりません。プーケットでのダイビングは、多くの要素やテクニックが必要なスポーツであり、スキューバダイビングを成功させるためには、そのコツをつかむ必要があるのです。

どんなスポーツ、アクティビティ、工芸品もそうですが、学び、上達するには時間がかかります。ですから、もしプーケットで初めてダイビングをする時に苦労しても、大丈夫です!練習を続ければ、必ず上達し、コツをつかむことができます。練習を続ければ、必ず上達し、コツをつかめるようになります。あきらめないでください。適切なテクニックをマスターすれば、この素晴らしいエクスカーションを十分に楽しむことができるようになるのですから。

透明度の高い海でウミガメに会えるプーケットでのダイビング
アングルフィッシュ プーケット サンゴ礁

これだ!これが、プーケットで初めてのダイビングをする前に知っておくべき、初心者ダイバーのための10のポイントです。スキューバダイビングは本当に素晴らしいもので、誰もが一生に少なくとも一度は挑戦すべきものです。広大な水域で自由に行動し、水中の秘密を探ることは、他のアクティビティでは味わえない素晴らしい経験です。


最終的な感想

ダイビングをしたことがない人にとっては、怖いもの見たさのような気もしますが、そんなことは気にしないでください。プーケットで休暇を過ごしている間に、想像もしていなかったような新しいお気に入りのアクティビティを手に入れることができるかもしれません。 シミラン諸島!に関する記事をご紹介します。 子連れダイビング.

月刊ニュースレターに登録する
をクリックし、最新のオファーやニュースを受け取ることができます。
目次
こちらもどうぞ
この記事を共有する
ja

ラチャ島(Koh Racha Islands

スリーダイブ

予約受付

タイ・ダイバー